京都でのれんをオーダーする

高発色

インクジェットのれんのメリットと使い道

 

インクジェットのれんは色数の制限がありませんので、
思いのままのデザインで暖簾を作ることが出来ます。

 

京都のれんでは、設置する場所に合わせて様々な加工をすることが
出来ますので、例えばハトメ使用にしたいという希望や裏抜けを
しているようなのれんにすることも出来ます。

発色

他の方法では、細かな部分がぼやけてしまったり、
潰れてしまったりして思ったようなデザインにすることが
出来ないということもありますが、この方法であれば
細かい線の印刷をすることが出来ますので、
細かな部分も再現することが可能というメリットがあります。

 

店舗などで使用する場合であれば、店舗のロゴや店名を印刷すると
いうだけではなく、メニューなどを写真入りで印刷すると
いう方法で使うことも出来るでしょう。

 

比較的大きなサイズとなるのれんという使い道はもちろんのこと、
それだけではなく比較的小さなサイズに印刷をするときにも
使うことが出来る印刷方法ということが出来ます。

インクジェットのれん製作なら京都のれんが最強説

 

インクジェットのれんで製作をするためには、専門の業者に依頼
する必要があります。

 

その中で、人気があるのが、京都のれんです。
希望通りのデザインに暖簾を仕上げてもらう事が出来ると
いうことはもちろんですが、それだけではありません。

デザイン

例えば、デザインが苦手という人に対しては
ヒアリングを何度も行い、データを作成する事もできます。

 

更に、暖簾に使用する素材は原則としてポリエステルのみと
なりますが、綿素材や麻素材に似せて作られているため、
発色も良く、一見すると素材がポリエステルであると
いうことは分からないほどです。

 

事前に生地がどのようなものであるのかという見本を
確認することが出来るため、事前に確認をしたいという
場合には問い合わせてみても良いでしょう。

 

費用については、事前に見積を依頼することが出来るため、
費用の心配をする必要もありません。

 

なお、データ作成を依頼するという場合や色見本が必要と
いう場合には、別途費用が必要となります。